サウンド系コース

サウンド系音響技術コース2年

企画、音響、照明、PAなどの演出を総合的に学び、現場でマルチに活躍できるイベントスタッフに。

あらゆる現場に対応できる総合的能力を磨く。

企画、音響、照明、カメラなど舞台制作の全てを演出する。設備・施設・講師陣の整う環境で、現場で対応する総合的実践力を磨く!

将来目指す仕事

  • PAエンジニア
  • 照明スタッフ
  • イベントスタッフ
  • 映像・編集スタッフ
  • レコーディングエンジニア

オープンキャンパスに行ってみよう!

疑問や不安を解消できる個別相談会、体験授業など。広コンを存分に知ることができます。(交通費補助制度あり)

オープンキャンパス

学びのステップ

音響の基礎を学ぶ

座学と実習を通してまずは基礎をしっかりと身につけます。

PA実習

プロ仕様の音響機材で操作卓やマイク、各種ケーブルのセッティング方法などを学びます。

レコーディング

学内施設のレコーディングスタジオでマルチトラックレコーディングの基礎を学びます。

照明技術

舞台照明の基礎知識を学び、会場や曲調、アーティストの個性に合わせて光を演出する照明技術を学びます。

資格の取得を目指す

国家資格である舞台機構調整の取得を目指して取り組みます。

舞台機構

演出効果で用いられる舞台機構の仕組みや、能からクラシックまでステージ構成について幅広く学びます。

リスニング

各種楽器の音や音域別に音楽を聴き分けるトレーニングを行い、音響エンジニアとしての聴能力を養います。

音響工学

音波の波動や放射、伝搬など音響に関する仕組みを学び、音響国家資格である舞台機構調整の取得を目指します。

ライブで実践力を高める

コンサートやライブ、ラジオの放送など、あらゆる現場を演出します。

音楽理論

音程や音階、コードなど、音楽に関する法則や考え方を学び、音楽編集や舞台演出に活かせる知識を習得します。

音楽編集

コンピュータ機器を利用したオーディオ編集のスキルを習得し、ラジオ番組の編集やCD制作などを行います。

ラジオ放送

広コンのレコーディングスタジオで実際に放送されるラジオ番組の制作やレコーディング、演出を担当します。

時間割

 
1時限
9:00~10:30
PA実習 音響実習 音楽編集 電子音楽論
2時限
10:40~12:10
PA実習 音響実習 音楽編集 リスニング
3時限
12:50~14:20
PA実習 レコーディング
実習
照明技術 ビジネス実務 音楽理論
4時限
14:30~16:00
レコーディング
実習
映像処理
実習

 ※これは1年次後期の例です。時間割は変更する場合があります。

目指せる資格

  • 舞台機構調整2級~3級国家資格
  • Pro Tools技術認定試験
  • MIDI検定
  • ビジネス能力検定ジョブパス
  • 情報処理技能検定(表計算)
  • 日本語ワープロ検定

3級の受験資格である「実務経験半年以上」が免除!

さらに、在学中に2級までを受験することができます。

インタビュー

赤石 憂佳さん 国家資格「舞台機構調整試験」を取得し、憧れだったミュージカルの舞台監督部に内定。

赤石 憂佳さん

内定先
四季株式会社(劇団四季)
コース
音響技術コース 2年
資 格
舞台機構調整試験3級
出身校
広島県立海田高校

ミュージカルや演劇を手がける会社の舞台監督部に内定をいただきました。面接では学園祭で舞台に関わっていたことをアピールしました。広コンで学んだ技術を活かして内定先でも活躍したいです。

学生ライブを支えるさまざまな仕事に携わった先輩たち

学生ライブを支える音響技術コースのサポート

ライブの熱気を支える音響技術コースのサポート
学生ライブを支えるさまざまな仕事に携わった、先輩たちの声をリポートしました。

倉﨑 貴絵さん プロデューサー

倉﨑 貴絵さん2014年 卒業

コース
音響技術コース
出身校
広島県立大竹高校出身

ライブ全体を統括する舞台監督です。各部門の動きや進行状況をチェックして、適切に指示を出していきます。責任の大きな仕事ですが、ライブが終わった時の達成感は格別でした。

岡本 将輝さん ハウス

岡本 将輝さん2014年 卒業

コース
音響技術コース
出身校
広島県立油木高校出身

卓(ミキサー)を使ってPAを操作し、客席に聴こえるスピーカーの音を調整します。今まで使っていないデジタル機材なので最初は戸惑いましたが、アーティストの音を忠実に再現した良いライブにすることができたと思います。

秋國 直也さん ステージ

秋國 直也さん2014年 卒業

コース
音響技術コース
出身校
クラーク記念国際高校出身

舞台上のセッティングが主な仕事です。ライブ前にマイクや楽器を舞台にセットし、ライブ中は楽器ごとに担当を決め、アーティストに合わせて調整や位置の変更を行います。大規模なホールで行うので、とても勉強になります。

倉本 恭征さん 録音

倉本 恭征さん2014年 卒業

コース
音響技術コース
出身校
広島県立広島高校出身

ホールのロビーに機材を組んで、ライブの音をリアルタイムで調整して録音します。アーティストの個性を尊重したミキシングにするため、かなり神経を使いました。その音源を編集してオリジナルCDアルバムを制作します。

仲村 沙希さん モニター

仲村 沙希さん2014年 卒業

コース
音響技術コース
出身校
沖縄県立北谷高校出身

アーティストが舞台上で聴くスピーカーの音をリアルタイムで調整する、ライブを円滑に進める上でとても重要な仕事です。ギタリストなどと違ってアンプを使わないため、特にヴォーカリストの音の調整には気を使いました。

倉本 恭征さん 照明

岡部 茜さん2014年 卒業

コース
音響技術コース
出身校
山口県立光高校出身

会場の調光室から舞台の照明をコントロールします。曲調に合わせて照明の色を変えたり、アーティストにピンスポットを当て、アーティストの個性に合わせ、楽しみながら照明を演出することができました。

岩山 紘奈さん 映像/カメラ

岩山 紘奈さん2014年 卒業

コース
音響技術コース
出身校
広島市立沼田高校出身

あらかじめアーティストを紹介する映像を作成し、ライブ中は演奏の様子をリアルタイムでスクリーンに映します。今回は当日の演奏を編集してエンディングに流すという新しい試みを行ったのですが、成功した時は涙が出ました。

増野 かえでさん 制作

増野 かえでさん2014年 卒業

コース
音響技術コース
出身校
広島県立吉田高校出身

ライブの広報が主な仕事です。「お客様に音楽を感じてもらう」というライブのテーマを決め、参加アーティストを紹介するパンフレット、フライヤーなどを制作しました。本番ではBGMも担当しました。

ページの
先頭に戻る